フォトコンテスト投票結果発表!

募集期間:6月16日-8月31日

募集作品:「花とミツバチ」、「花と訪花昆虫」、「ミツバチの珍しい写真」応募総数:674作品

入賞作品:銅賞14名、銀賞8名、金賞1名、

株式会社 山田養蜂場特別賞1名

審査員:写真家 佐藤仁重(さとう よしえ)氏

※入賞作品についてはこちらのウェブサイトを御覧ください。

 

ミツバチサミット1日目に参加者の投票を行った結果、249票の投票があり、ミツバチサミット賞を決定しました。

ミツバチサミット賞

「井戸端会議?」sa.arai さん

得票数41票

 

2位

「後ろ姿に 胸キュン♡」いちごだいすき さん

得票数28票

 

3位

「花粉まみれになりながら」凡人ET さん

得票数 23票

 

4位

「碧空の翔」kokkon3 さん

得票数 22票

 

5位

「秋桜の蜜を集めるミツバチ」でぶラケ さん

得票数 21票

 

ポスター賞発表!

53タイトルのポスターの中から、3つの賞が選ばれました。

受賞されたみなさん、おめでとうございます!

受賞者のみなさんには、賞状と記念の盾、はちみつ(株式会社びーはいぶ提供)が授与されました。

 

ミツバチサミット賞

活動紹介部門 15タイトルの中から選出された、最も優れた活動紹介に贈られる賞です。

6.「守谷みつばち夢プロジェクト活動紹介」

坂上勲・雨谷恵(守谷みつばち夢プロジェクト)

つくば市長賞

研究発表部門 38タイトルの中から選出された、最も優れた研究発表に贈られる賞です。

30.「熱殺蜂球形成に関わる候補遺伝子の同定」

上岡駿宏・鈴木啓(東北大学)・宇賀神篤(JT生命誌研究館)

山口悠太・小野正人(玉川大学)・河田雅圭(東北大学)

 

若手最優秀賞

高校生と大学生の発表 15タイトルのなかから選出された、若手最優秀賞です。

8.「二ホンミツバチの飼育と生態調査」

渡辺均(金足農業高等学校)

2日目自主企画追加

2日目、日曜日のお昼に自主企画が追加されました。

場所:3F談話室

時間:12:00-13:00

山田養蜂場自然塾

山田養蜂場では「子供たちに豊かな自然環境を残すためにはどうすればいいのか」ということを考えて頂くため、
自然塾という教育活動を行っています。
岡山県の鏡野町で、地球の46億年という長い歴史の中どんな出来事があったかを学ぶことができます。
また、ミツバチの生き方をヒントに、地球環境問題へ向き合うきっかけづくりをします。
ミツバチサミットでは10分程度のダイジェスト版を体験できますので、ぜひ受講してみてください。
詳しくはこちらをご覧ください。
山田養蜂場自然塾.pdf

当日受付の手順

当日の受付が混み合うと思いますので、受付手順をお知らせします。

受付で名札と資料をお渡ししますが、お申込時の代表者の方のみ受付にお並びください。

人数分同じ袋に入っていますので、それを配分してください。

詳しい手順はこちら。

ミツバチサミット受付手順(A4)

 

みつばちマルシェのチラシできました!

みつばちマルシェのチラシをアップします!

ぜひぜひ起こしください。

お待ちしております。

更に詳しくはこちらのページから。

 

自主企画のご紹介。

自主企画の紹介です。

「在来種ニホンミツバチの魅力と可能性を大解剖!」

常設展示となっています。

同じ部屋で主にセイヨウミツバチに関する紹介もやっているので、併せてごらんください。