ミツバチサミット・フェスタ 自由企画 公募要項

ミツバチサミット2019では、多くの方に企画者として積極的に参加していただく場として、自由企画を広く募集します。ミツバチサミットのコンセプトに賛同し、盛り上げていただける企画をお待ちしております。

企画のスタイルによって、短時間で完了する「ミニセミナー・ワークショップ」と、1日単位で行う「展示」の2つの区分に分けて募集します。詳細は、提出していただく”コンセプトノート“をご覧ください。

なお、「サミット実行委員会は場所と時間を提供し、企画提案者が運営に責任を持つ。」という基本的なスタンスで進めたいと思います。ガイドラインとしてまとめましたので、ご確認ください。

日程】2019年12月13日(金)~15日(日)

会場】つくば国際会議場 茨城県つくば市竹園2-20-3 (つくばエクスプレス「つくば駅」より徒歩10分)

【募集区分】

  1. ミニセミナー・ワークショップ

60-90分単位で、部屋全体あるいは一部を提供します。

使用可能備品:テーブル、イス、プロジェクター、スクリーン、音響設備

場所:国際会議場2F 中会議室201B(部屋サイズ:約16m×8m)

最大収容人数 63名(スクール形式)110名(シアター形式)

  1. 展示

開催期間の前半と後半で入れ替えを予定。

(1部:13日12時~14日12時  2部:14日13時~15日12時)

使用可能備品:テーブル1台、展示パネル2枚(90×210cm)

場所:国際会議場2F 中会議室202A(部屋サイズ:約16m×8m)

【出展料】 無料

【応募方法】

以下のファイルのコンセプトノートに必要事項を記入のうえ、メール添付で実行委員会までご応募ください。

自由企画公募要項+コンセプトノート(Word)

自由企画公募+コンセプトノート(PDF)

応募先:office@bee-summit.jp

  • 〆切 2019年5月31日

【審査】

応募いただいた内容について実行委員会で審査を行います。

子供向けの企画については、キッズ部門での開催になる可能性があります。

 

【ガイドライン】

・営利目的、特定の思想の流布などを目的とした企画は不可。

・物販は不可。(物販目的の場合は、ビジネスフェアへの出展をご検討ください)

・企画で必要な材料費などの必要実費は参加者から徴収可。

・定員を設けたり、予約制にする場合、参加者の募集や名簿管理などは企画者が行う。

・火気の使用は不可。(炎が出ない機器の使用はご相談ください)

・企画の決定後、ミツバチサミット公式ホームページへ企画内容を掲載する。

・企画者独自の広報活動を推奨(非営利に限る)。

・会場のレイアウトの変更は企画者が行い、企画終了後は原状復帰する。

・床などを汚損しないよう、事前にシートを貼るなど対策を行う。

・企画内で怪我など起こらないよう十分な対策を行う。

・企画内で生じたトラブルに対しては、企画者が対応し、責任を追う。

・企画の内容などについて実行委員会が不適当と判断したものについては、修正を求めたり、中止とさせて頂く場合があります。

【お問い合わせ】

ミツバチサミット実行委員会フェスタ企画チーム(担当:嶋岡)

メール:office@bee-summit.jp

【参考・昨年度企画実績】

ミツバチサミット2017

自主企画 EXHIBITION

【フォトコンテスト】

【ミツバチとヒトが共に暮らしていける環境を求めて】

【在来種ニホンミツバチの魅力と可能性を大解剖!】

【ミツバチの基礎に関するパネル展示】

【養蜂と国際協力】

EVENT(映像上映)

【アニメ「風のように」上映会】

【自主制作ビデオ上映会】

EVENT(ミニセミナー)

【メキシコの森林農法とハリナシバチによる伝統養蜂】

【ビーガーデンのすすめ】

【Let it Bee フォーラム1 福祉と養蜂】

【Let it Bee フォーラム2 アジアのミツバチ】

WORKSHOP(ワークショップ)

【はちみつマスターは君だ!(小中高生向け)予約制 先着30名】

【はちみつはミツバチからのメッセージ(プロ向け)予約制】

【暮らしの中の蜜蝋 ~蜜蝋ミニキャンドルもつくれます~】

【アクアプロポリス入りオイルによるハンドマッサージ】

【お話し会】

【紅茶提供】

【コーヒー提供】

SHOP

【ミツバチブックカフェ】